ケータイを触る男性

派遣雇用と直接雇用の違いについて

スーツ姿の女性

派遣は何かと別の雇用形態と比べられやすいものです。アルバイトや直接雇用など、それらの違いを押さえておくことが大切です。では、直接雇用と派遣、どう違うのでしょうか。どちらも一長一短として考えると、自分に適した働き方が見えてきます。
直接雇用として働くのなら、一番はやはり福利厚生と安定性ではないでしょうか。堅実な生活をしたい、しっかりと稼ぎ続けたいと考えているのなら、直接雇用がやはり手っ取り早い方法です。キャリアを段階的にステップアップしやすいというメリットも大きいでしょう。
一方派遣ですが、自分の時間を確保しやすいメリットがあります。直接雇用なら、勤務地が限定されたり、勤務時間が制限されたりと、働きやすいとは必ずしも言えません。その点派遣なら、自分がある程度勤務形態を選べるため、働きやすさで言えば確実に上回るのです。
また、自分が何をしたいのかまだ決まらない時、派遣で様々な企業で働いてみるという方法を取ることも可能です。自分に本当に適した働き方は何なのか、何をして働いてみたいのかなど、自分が活躍しやすい職場を見つけやすいメリットは大きいでしょう。このような特徴を踏まえて、どちらを選ぶか決めてみましょう。

ピックアップ

派遣社員として働く基礎知識

派遣とは派遣元会社に登録・雇用された派遣社員が派遣先会社に派遣されて仕事を行う労働形態です。また人材派遣には登録型派遣と常用型派遣の2種類があります。登録…

TOP