ケータイを触る男性

派遣社員として働く基礎知識

電話する女性

派遣とは派遣元会社に登録・雇用された派遣社員が派遣先会社に派遣されて仕事を行う労働形態です。また人材派遣には登録型派遣と常用型派遣の2種類があります。登録型派遣とは派遣先会社の就業期間が雇用期間となります。繁忙期の就業や自分の生活スタイルに合わせた仕事をしたい人に適しています。
一方、常用型派遣とは派遣元会社の社員となり、その地位のまま派遣先会社において就業します。ひとつの職場での仕事が終われば、派遣元会社の指示により新たな職場に派遣されます。社員となるので社会保険の加入や昇給・賞与の支給がある安定した働き方といえるでしょう。また交通費の支給や福利厚生等は各派遣会社によって異なります。
派遣社員として働くメリットは派遣元が仲介役になり、勤務時間管理や労働環境の把握を行うことでサービス残業や能力以上の仕事の要求等を抑えることが直接雇用にはない点です。派遣社員として働くデメリットは、契約期間が終われば終了してしまうことです。更新の有無は契約ごとに定められ、こちらが望んだとしても会社側の需要や要望がなければ終了後は働くことができません。
いずれの場合でも自分が期間を限定して安定して働きたい場合には派遣社員という業態は適しているといえるでしょう。

ピックアップ

派遣社員として働く基礎知識

派遣とは派遣元会社に登録・雇用された派遣社員が派遣先会社に派遣されて仕事を行う労働形態です。また人材派遣には登録型派遣と常用型派遣の2種類があります。登録…

TOP